※写真をクリックすると拡大してご覧になれます。

作品の紹介

  1. 作品ナンバー:③-42 
  2. 施設名:白砂恵慈園
  3. 作品タイトル:十五夜
  4. 制作者
  5. 制作者人数
  6. 制作者平均年齢

 投票は1つの端末につき1回まです。こちらの作品でよろしいですか?

1回投票するとキャンセルはできませんのでご注意ください。

  • いいね(一般) (4)
  • いいね(学生) (1)

作品アピールポイント

9月に入り秋を感じられるようになったころ、ご利用者様同士の会話も、「もうすぐお月見だね」との話題が多く飛び交っておりました。ちょうどその頃、職員も十五夜の貼り絵の作品準備を進めており、ご利用者様へお話ししたところ「待ってました」という表情で、すぐに作業を始めてくださいました。ご利用者様同士で、「兎が2羽いるけど、何色がいいかな」「お星さまは黄色かな?でもせっかくなら金色にしよう!」と、アイデアを出し合いながら取り組まれておりました。

完成した作品は、現在ホールに掲示しており、ご利用者様それぞれ作品の前で足を止め、感想を言ったり、じっくりと眺めたりし、園内でも秋の季節を感じることができました。

施設での取り組み

特別養護老人ホーム 白砂恵慈園は、やさしさとふれあい””心のくつろぎとあたたかいほほえみにあふれた施設をめざして運営しております。

尊い人生の大切な時間に携わらせて頂く事を真摯に受け止め、そのひとらしく幸せにお過ごし頂けますよう、介護・看護・栄養を軸に、全スタッフで支援いたします。

 「自宅へ帰りたい」「先祖の墓参りがしたい」など、ご本人の思いを、担当のスタッフが寄り添いながら叶えています。思い出の場所へドライブや自分で洋服を選んでのショッピング、ご家族様を招いてのお茶会などさまざまなプランを実施しています。※今年度は、コロナウイルス感染予防対策を最優先とし、外出等は控えておりますが、園内で楽しく生活できるような工夫をしながら取り組んでいます。

特別養護老人ホーム 白砂恵慈園は、やさしさとふれあい””心のくつろぎとあたたかいほほえみにあふれた施設をめざして運営しております。

尊い人生の大切な時間に携わらせて頂く事を真摯に受け止め、そのひとらしく幸せにお過ごし頂けますよう、介護・看護・栄養を軸に、全スタッフで支援いたします。

 「自宅へ帰りたい」「先祖の墓参りがしたい」など、ご本人の思いを、担当のスタッフが寄り添いながら叶えています。思い出の場所へドライブや自分で洋服を選んでのショッピング、ご家族様を招いてのお茶会などさまざまなプランを実施しています。※今年度は、コロナウイルス感染予防対策を最優先とし、外出等は控えておりますが、園内で楽しく生活できるような工夫をしながら取り組んでいます。