※写真をクリックすると拡大してご覧になれます。

作品の紹介

  1. 作品ナンバー: ④ー25
  2. 施設名:熊谷ホーム
  3. 作品タイトル:松ぼっくま
  4. 制作者:ユニット利用者
  5. 制作者人数:3人
  6. 制作者平均年齢:78歳

 投票は1つの端末につき1回まです。こちらの作品でよろしいですか?

1回投票するとキャンセルはできませんのでご注意ください。

[reaction_buttons]

作品アピールポイント

施設の敷地内に松林があり松ぼっくりがたくさん落ちています。その松ぼっくりを使用して熊谷の地名にちなんで「くま」を作りました。松ぼっくりをニッパーで切って部位別に色分けをして、接着剤で貼り付けました。接着剤が乾くまで時間がかかり、少しずつの制作でしたが、自然の素材を活かした仕上がりになりました。目と鼻は椿の実を使いました。かわいい目とちょうどいい鼻の形の実を探すのに苦労しました。また使用した松ぼっくりは106個にもなります。色分けをする必要から赤松ぼっくり、黒松ぼっくりの2種類を使用しました。

施設での取り組み

材料は、利用者との散歩のときに施設敷地内で全て拾い集めました。細かい作業や工具を使った作業があったので、職員が見守りと一部援助をしながら制作しました。