※写真をクリックすると拡大してご覧になれます。

作品の紹介

  1. 作品ナンバー: ⑦ー1
  2. 施設名:主の園
  3. 作品タイトル:水害 泥の中から救出された私の陶芸
  4. 制作者:榎本喜美子
  5. 制作者人数:1人
  6. 制作者平均年齢:87歳

 投票は1つの端末につき1回まです。こちらの作品でよろしいですか?

1回投票するとキャンセルはできませんのでご注意ください。

  • いいね(一般) (6)
  • いいね(学生) (1)

作品アピールポイント

近隣の方を講師に施設で催された陶芸教室で作られた作品です。

施設の陶芸クラブは近隣の方を講師に招いて地域の方との交流を持ちつつ楽しく作品を作っていました。昨年、台風による水害にみまわれて、家財の対部分が被害を受けました。その片付作業は親族やボランティアにお願いすることになり、自身で作った思い出の作品は処分されたものと思っていました。ところが片付け後に保存されていた物品の中に泥まみれではありましたが作品を見つけたときは大変うれしく、思い出を大切にしてくれたことに感激をしました。ボランティアや親族にこの場をお借りして感謝をします。

施設での取り組み

クラブ活動を自主的に運営していただくなどして、入居者の方これまで得て来たそれぞれの経過や技術・才能を活かす場を設け、施設内の人間関係がさらに良好なものに発展することに努めています。

感染症対策のためクラブ活動は現在休止しているものの、それぞれが作成した作品を発表する場として今年も施設内で文化祭の計画を進めています。残念ながら今年は感染症対策のため非公開ですが、この場を通して皆様に作品を楽しんでいただける場が与えられましたこと、誠にありがとうございます。