※写真をクリックすると拡大してご覧になれます。

作品の紹介

  1. 作品ナンバー: ⑦ー11
  2. 施設名:養護老人ホーム久喜市偕楽荘
  3. 作品タイトル:一意専心
  4. 制作者:偕楽荘書道クラブ
  5. 制作者人数:6人
  6. 制作者平均年齢:81歳

 投票は1つの端末につき1回まです。こちらの作品でよろしいですか?

1回投票するとキャンセルはできませんのでご注意ください。

  • いいね(一般) (5)
  • いいね(学生) (1)

作品アピールポイント

以前に書道をやっていた方もいれば、偕楽荘へ入所して初めて筆を持った方もいます。上手い、下手ではなく、一人ひとりが個性を大事にし、自分らしい字を楽しみながら書くことが大切だと参加者の方に伝えています。その気持ちが皆さんの作品に良く表れていると思います。ダイナミックに大胆に書く方がいたり、女性らしく繊細に書く方、柔らかい線が得意な方、きっちりとした書体が得意な方・・・様々なたくさんの良さが伝わる作品に仕上がっています。

施設での取り組み

・月2回、各1時間「書道クラブ」として、強制ではなく、自由参加で利用者の方が楽しめる書道の時間を設けています。その時、その時の季節に応じた言葉やタイムリーな事柄を職員がお手本として書き、用意をしています。利用者自身が書きたい文字や文章など希望があった場合も職員がお手本を用意します。

・施設館内の廊下に書道クラブのコーナーを設け、クラブ活動で書いた作品をその都度飾っています。そして多くの方に作品を見て頂き、書道の楽しさを伝えています。